単身引越しの料金がプロスタッフなら格安

繁忙期の単身引越しは費用が高いので避けるべき

単身引越しの費用は繁忙期になると急激にアップします。そもそも引越しは忙しい時期と暇な時期が大きい業界なので、業者は暇な時期の仕事を取るのにいつも苦労しています。

 

そのため、1年のほとんどの月は赤字か採算ギリギリで、3月、4月の繁忙期で大きく儲けを出すような引越し業者も珍しくありません。

 

特に単身引越しの場合は、大学の入学や卒業による転居、社会人の転勤に伴う単身赴任もあり1年のうちでも繁忙期に集中します。

 

日程を繁忙期から外すだけでも単身引越しの料金はかなり安くなるはずです。一人暮らしの単身住まいであれば、冷蔵庫や洗濯機が1ケ月くらいなかったとしても、外食や出前、コインランドリーを使えばなんとかやり過ごせないことはありません。

 

特に単身荷の長距離引越しは料金が高騰するので、必要最低限の物を宅配便などで運び、残りは時期をずらして引越しする方法もおすすめです。

 

そうでなくても繁忙期はドライバー不足などにより、近年益々引越し料金が高くなる傾向にあります。値引きどころかトラックを抑えるのも苦労する時期なので、繁忙期をずらすのはとても有効です。

 

繁忙期の引越し費用は通常期と比べて2倍、3倍は当たり前です。最も忙しい3月下旬の土日に依頼した時は、それ以上の金額を提示されても不思議ではありません。

 

宅配便と引越しを2回に分けてするのは一見無駄なようですが、意外と安くできることもあります。しかし、このような方法は実家から引越しする場合にのみ有効です。

 

大学卒業で今住んでいる家から実家に帰る場合は難しいでしょう。そのような時は、大きな家具や家電はリサイクルショップなどを通じて売却してしまうことです。

 

もし、欲しいという後輩がいるなら譲っても良いかもしれません。まだ使えるのにもったいないと思われるかもしれませんが、繁忙期の高額な引越し費用を安くできることを考えればお得な場合も多々あります。